フリーエンジニアの年収が高い理由

フリーエンジニアになることの魅力は色々ありますが、一番わかりやすい魅力は正社員よりも高い収入を得るのが可能なことでしょう。正社員として働いていた時代には年収が500万円程度だったのに、フリーになって1千万円を超えたなどいうケースは決して珍しくありません。それはなぜかというと、ひとつは立場の違いです。正社員は企業に庇護される存在であり、福利厚生も保障されています。一方、フリーの立場の人間にはなんの保証もなく、仕事も自分の責任において行わなければなりません。つまり、企業がコストをかけて守っている分、正社員の給与は安く、それがないフリーエンジニアの報酬は高いというわけです。
そしてもうひとつは、自由に使える時間の差にあります。フリーの立場になればいつ働いて、いつ休暇をとっても本人の自由なのです。しかし、休暇を取るといっても遊んでいるわけではありません。次の仕事までに必要なスキルを学習します。これは常に仕事を与え続けられている正社員にはなかなかできません。このことが両者の間に大きな実力の差をつけ、そのまま収入の差となって跳ね返ってくるのです。もちろん、それは独立した人間の努力があってのことです。現に、フリーエンジニア全体の3割が700万円以上の年収を得ている一方で、その4割は年収400万円未満にとどまっています。決して、フリーの立場の者すべてが正社員以上の年収を得ているわけではないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です