フリーエンジニアにおける自己管理の問題

フリーエンジニアと正社員のエンジニアを比較した場合、最も違うのは時間の使い方でしょう。企業に所属する社員の場合、仕事は企業からから与えられ、それを消化するだけで時間は潰れていきます。残業の多い業種もあり、自由に使える時間はそれほど多くありません。一方、フリーの立場になると全てが自由です。もちろん、企業と仕事の契約を結べばその間は束縛を受けることになりますが、どこと契約をするかは自分で決めることができます。それだけに、フリーエンジニアの仕事は厳しく、自己を管理できなければ続けていくことはできません。
もはや「あれをしろ」「これをしろ」と怠惰な自分を外から律してくれる上司は存在せず、それをよいことに自由に溺れ、何もしなくなるからです。そうならないためには自分でノルマを決めて、それを絶対に守るという克己心が必要となってきます。だからといって一年中休みなしで、ひたすら働き続けるというスタイルは問題です。だらだらと仕事を続ければ必ず効率は落ちます。本当に仕事ができる人間というのは休暇の取り方もうまいものです。フリーエンジニアを目指す人はそうしたことを踏まえた上で、自分がどういうタイプの人間かを問わなければなりません。人の目がないと仕事をしない怠け者は論外ですが、考えなしにがむしゃらに仕事をするタイプも独立に向いているとは言い難いでしょう。独立して仕事をするには、自分を客観的に見て、常に最善を判断する能力が必要なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です